ニュース

人気メニューの裏ワザ紹介!!~中華料理編~

 

こんにちは!ごえんです。

 

中華料理って、お店で食べると美味しいのに、お家で作るとなんだか違う・・。

皆さんは、そんな経験ありませんか?

 

今回はご家庭でも美味しく作れる中華料理の人気メニューの裏ワザ&隠し味を紹介したいと思います。

 

【チャーハン】

・鶏がらスープの素(粉末)を入れると、うま味が増し、本格的な味になります。

・お酢を少々加えると、酸味が効き、さっぱり感のある味になります。

・ご飯全体にゼラチンを振りかけると、水分を逃さず、パラッとふんわり仕上がります。

・ご飯とマヨネーズを混ぜ、油を使用せずにフライパンで炒めると、マヨネーズがご飯を粒ごとにコーティングし、コクのあるパラッとしたチャーハンになります。

・冷やご飯を炒める前に、ラップをかけずに2分程度電子レンジで温め、余分な水分を飛ばし、その後、十分に熱したフライパンで炒めると、ダマにならず、パラッと仕上がります。

 

【から揚げ】

・とり肉を水で漬け込むと、柔らかく、ふっくらジューシーなから揚げになります。

・とり肉を筋切りすると、熱を加えた際に肉汁が出てしまうのを防ぎます。

・とり肉に下味をつける際にマヨネーズを加えると、マヨネーズに含まれるお酢がお肉を柔らかくし、臭みも消してくれます。

また植物油が鶏肉を包み、パサパサになるのを防いでくれます。

・塩から揚げの漬け込みタレにワサビを加えると、コクと深みがアップします。

(ワサビは揚げると辛みがとぶので、辛いのが苦手な方でも大丈夫です。)

 

【春巻き】

・具材に赤みそを加えるとヘルシーな味付けに変身します。

・春巻きの皮は、しばらくおくと具の水分を吸収し破れやすくなるので、具をのせたら手早く包み、すぐに揚げると、具材が飛び出ず見た目も綺麗に仕上がります。

 

【餃子】

・細かくサイコロ状にカットしたトマトをタネの中に入れると、酸味や甘味、ジューシーさが加わります。

・加熱方法は、焼いてから蒸すのではなく、蒸してから焼きます。

沸騰後、水を全部捨て、大さじ1杯分の油を入れ全体になじませた後、フタをして2分程度焼くと、粘着性を封じ込め、餃子同士がくっつかず、綺麗な焼き色でカリッと仕上がります。

 

いかがでしたか?

意外と簡単に実践できることばかりですので、是非試してみてください。

 

☆ごえんはサービスを通してお客様に笑顔をお届けいたします☆

カテゴリー

家事代行と言えばGoen「ごえん」
一人暮らし/共働きで忙しい/産前産後/お年寄りの方に2300円~で家事代行! 仕事で忙しい。子育てが大変。つわり、産後で身体が動かない…。 そんな悩みを抱えていらっしゃる方はGoenの家事代行サービスを活用しましょう! Goen「ごえん」では皆様に快適な生活を送っていただけるようバックアップします。 ホームヘルパーや看護師など資格を持ったプロのサービススタッフがご自宅に伺うので安心です。

Goenとは5縁
 
Topへ戻る