ニュース

人気メニューの裏ワザ紹介!!~和食編~

 

こんにちは!ごえんです。

 

日本で生活していると、やはり家庭料理といえば、和食・・

和食のおかずを美味しく作れるだけで、料理上手のイメージも一気にアップしますよね。

今回は、そんな和食メニューの隠し味&裏ワザを紹介します。

 

【生姜焼き】

・マヨネーズを混ぜてから焼くとコクのある味になります。

・ケチャップを入れると甘辛い味付けになり洋風テイストになります。

・タレに蜂蜜を入れるとまろやかな味になり、照りも出ます。

・定番のロース肉ではなく、豚バラ肉を使用するとジューシーな生姜焼きになります。

・タレにオイスターソースとカレー粉を混ぜるとまろやかな味になり、臭みも消えてごはんがすすみます。

 

【肉じゃが】

・肉じゃがなど肉を入れる和風の煮物に焼肉のタレを足すとコクが増します。

・バターを加えると、ジャガイモに含まれるペクチンの働きが強まり煮崩れ防止になります。

 

【焼きそば】

・麺を入れた際に、本だしを加えると風味も良くなります。

・少量のカレー粉とマスタードを入れると濃厚なソース焼きそばになります。

 

【焼うどん】

・オイスターソースを入れるとコクとうま味が出ます。

・大根おろしと梅干しを混ぜ合わせるとさっぱりとしたさわやかな味になります。

・仕上げにバターを投入すると濃厚で本格的な味になります。

 

【厚焼き玉子】

・乾燥桜エビを入れると彩りも綺麗な、風味の良い厚焼き玉子になります。

・メープルシロップを入れると優しい甘さのヘルシー味に仕上がります。

 

【天ぷら】

・天ぷら粉を水に溶く際、冷水を使うとカラッと揚がります。

・天ぷら粉の材料の中に冷やしたビール(発泡酒でも可)を加えると短時間で揚がり衣に余分な油がつかず、空洞も出来るため、サクッと軽やかに揚がります。

・卵の替わりにマヨネーズを使うと衣がべたつかず、サクサクに仕上がります。

 

【コロッケ】

・じゃがいもと具を混ぜる際に、コンデンスミルクを入れるとクリーミーに仕上がります。

・タネの中に苺ジャムを入れるとほのかな甘みと香りが楽しめます。

・コロッケにつける薄力粉は、よくはたいてからつけると破裂する可能性が少なくなります。

・片面2回ずつ霧吹きで水を吹きかけ、オーブントースターで5分加熱すると衣の中の水分が蒸発し空洞が作られるため、サクサクのコロッケに変身します。

※衣をつける料理ならなんでも応用可。

 

【その他】

・たこ焼きのタネに刻んだバターを入れてハンドミキサーで細かく混ぜるとグッとコクが増します。

・ひじきの佃煮にケチャップを加えるとダシを使用せずに美味しく仕上がります。

・サバの味噌煮にイチゴジャム(マーマレードでも可)を大さじ4杯程度入れると臭みが消え、身がふっくらとして照りも出ます。

・お好み焼きの粉に牛乳を入れるとふわっとした仕上がりになります。

・鶏モモ肉の照り焼きのたれにお酢を加えるとコクがアップします。

いかがでしたか?

材料も簡単に手に入り、手間もかからず作れるワンランク上の和食料理、是非お試しください。

 

☆ごえんはサービスを通してお客様に笑顔をお届けいたします☆

カテゴリー

家事代行と言えばGoen「ごえん」
一人暮らし/共働きで忙しい/産前産後/お年寄りの方に2300円~で家事代行! 仕事で忙しい。子育てが大変。つわり、産後で身体が動かない…。 そんな悩みを抱えていらっしゃる方はGoenの家事代行サービスを活用しましょう! Goen「ごえん」では皆様に快適な生活を送っていただけるようバックアップします。 ホームヘルパーや看護師など資格を持ったプロのサービススタッフがご自宅に伺うので安心です。

Goenとは5縁
 
Topへ戻る