ニュース

知っておきたい!子どものための紫外線対策

青空と太陽

 

こんにちは!ごえんです。

 

ここ最近日が暮れるのも早くなり、徐々に日中の日差しも和らいで感じられるようになってきました(^^)

9月・10月は、屋外でのイベントや連休中の旅行などで外に出る機会が多いですよね♪

そこできになるのが紫外線です。

特に小さな子どもたちは肌が弱くデリケートな為、皮膚障害につながる恐れもあります。過度な日焼けは極力避け、早い時期から日焼け対策をはじめるのがベストです。

 

今回は子どものための紫外線対策についてご紹介をしていきます!

 

まず始めに・・・

 

【紫外線が多い時期は何月?】

紫外線が1年のうちで最も多い時期は、5月から9月にかけてです。

1年中降り注いでいる紫外線は、5月から徐々に増え始め6月には真夏とほぼ同量の紫外線が降り注いでいます。

 

【紫外線が多い時間帯とは?】

一日の中で紫外線が最も多い時間帯は、正午前後の午前10時~午後14時となります。

この4時間で、1日に降り注ぐ紫外線約60%を占めているとも言われています!

 

【紫外線対策が必要な時間帯】

最も多く紫外線が降り注ぐのは午前10時~午後14時なので、この時間は外出しないようにすることで紫外線を防ぎましょう。

 

 

☆子どものための正しい紫外線対策とは☆

 

帽子を被った幼児

 

<<その1>> 日焼け止め、ベビーカーのサンシェード、帽子、UVカットの衣服などを活用しましょう。

生後3ヶ月頃までは、まだお肌が未熟なためベビーカーのサンシェード帽子UVカットの衣服などを活用し日差しをカットしましょう!

また、ドラッグストアなどに行くと子ども用日焼け止めクリームも販売しているのでぜひチェックしてみてくださいね☆

 

<<その2>> 食事で紫外線に強い皮膚をつくりましょう。

ビタミン・ミネラル・アミノ酸にはメラニン色素の生成を抑える効果がありますので、これらに効果的なトマトブロッコリー青魚を意識しいつもの食事や離乳食などに是非取り入れ、紫外線に強い皮膚をつくりましょう!

 

<<その3>> 紫外線量の多い時間帯は、外出を避けましょう。

やはり一番大事なことは、紫外線量の多い時間帯(午前10時~午後14時)の外出を控えることです!

なかなか調整することが難しいと思いますが、少し意識して屋外への移動はなるべく避けるように心掛けましょう。

 

☆ワンポイントアドバイス☆

最近では室内でも紫外線対策できるよう、UVカット効果のあるカーテンや窓ガラスにスプレーできるUV対策グッズなど販売もしています。屋外だけでなく室内でも子どものお肌にやさしい環境作りを目指しましょう!

 

 

紫外線は悪いことばかりじゃないってご存知でしたか(^O^)?

幼児の散歩風景

 

日焼け=美容の敵!というイメージのある方が多いと思いますが、実は身体にとって必要な働きをしてくれているのです!

紫外線には、体内で「ビタミンD」を作りだしてくれる働きがあります。ビタミンDはとても重要な栄養素の1つで、骨がカルシウムを取り込むときに必要となります。

特に赤ちゃんのうちはビタミンDが不足してしまうと骨が弱くなりやすく脚などの骨が曲がってしまう病気にかかる可能性が高くなります。

過度な日焼けはもちろん良くありませんが、1日15分程度のお散歩に出かける時はきちんと日光に当たりましょう。

 

 

~最後に~

子ども達は外が大好きなので、準備もそこそこにすぐに外へ出てしまう場面がよくあるかと思います(^_^;)

自宅で服を着替えているタイミングなどを利用し、日焼け止めを塗ってあげるのも工夫の一つです。

日焼け対策を万全にし、元気よく子供が外遊びをできるように心がけてあげてくださいね♫

 

☆ごえんはサービスを通してお客様に笑顔をお届けいたします☆

 

 

カテゴリー

家事代行と言えばGoen「ごえん」
一人暮らし/共働きで忙しい/産前産後/お年寄りの方に2300円~で家事代行! 仕事で忙しい。子育てが大変。つわり、産後で身体が動かない…。 そんな悩みを抱えていらっしゃる方はGoenの家事代行サービスを活用しましょう! Goen「ごえん」では皆様に快適な生活を送っていただけるようバックアップします。 ホームヘルパーや看護師など資格を持ったプロのサービススタッフがご自宅に伺うので安心です。

Goenとは5縁
 
Topへ戻る